ゴルフスクールプロ 指導者を目指す方へ:ゴルフインストラクター資格、ゴルフ指導者、ゴルフ ティーチングプロ、ゴルフ転職は一般社団法人全日本ゴルフスクールプロ指導者連盟

ゴルフスクールプロ 指導者を目指す方へ

  1. トップページ
  2. ゴルフスクールプロ 指導者を目指す方へ

「ゴルフが好き」を仕事にしたい方大歓迎
全日本ゴルフスクールプロ指導者連盟がその思いをカタチにします。

「趣味で楽しんでいるゴルフを、仕事にできないかなぁ…」とお考えの皆様、一度当連盟にご相談ください。

皆様を「ゴルフを教えるプロ」へと育て上げるために整備した環境のもと、当連盟が着実に夢を現実に近づけるお手伝いをさせていただきます。

【point1】どんな方でも、指導者としての道を歩めます。

全日本ゴルフスクールプロ指導者連盟に来られる方は、トーナメントプロを目指していた方やシングルクラスの腕前の方、会社をリタイアしてゴルフ指導者への転向を考えられている方まで、年齢や腕前、経歴は様々です。

こうした皆様に共通しているのは、「ゴルフが好きで、今まで培ってきた技術や知識を誰かに教えたい」という想い。 ゴルフ指導のプロになりたい方は、ぜひ当連盟までご連絡ください。当連盟なら、皆様の経験や技術に関係なく、最短半年でゴルフインストラクター、ゴルフレッスンプロとしての道を歩むことが可能です。その理由は、当連盟のゴルフレッスン講習内容によります。

【point2】科学的理論に基づいた講習です。

当連盟のゴルフ指導者育成講習では、技術だけでなく、それを裏付ける科学的な理論も学んでいただきます。中でも代表的なものが、ボールフライトロウ(Ball FlightLow)と呼ばれる理論です。

これは、アメリカやヨーロッパなどで確立されたスイングの概念で、学ぶことによって、飛んでいるボールを見るだけでボールのインパクトの状態まで分かるようになります。確立された理論を学ぶことで、説得力のある、質の高いゴルフ指導につなげることができます。

【point3】資格取得後の活躍の場もご紹介いたします。

世の中に無数にあるゴルフレッスン資格の中には、「せっかく取得したのに、活かせる場がない…」という資格もあります。その点、当連盟が認定するゴルフインストラクター資格、ゴルフレッスンプロ資格は、様々な場で活かせる資格です。

取得後にご自身で練習生を抱える方、スポーツセンターやフィットネスジムなどの施設で専属契約を締結される方なども、数多くいらっしゃいます。もちろん、当サイトでも活躍の場を紹介させていただきますので、ご安心ください。この機会に、好きなゴルフを仕事にしてみませんか?

  • RIZAP GOLF

■ 原田伝一のプロ経歴

1980年~82年
US・NGFインストラクターセミナー参加、ゴルフスクール指導者について研究
1983年 9月
NGF日本ゴルフ財団チーフインストラクターに就任
ゴルフ指導者養成講座実技講師として活躍
1986年 9月
GSSRゴルフスクールシステム研究所設立に参画。主任研究員として、ゴルフスクールシステム・教材開発に専念
1989年 12月
株式会社エヌ・ジー・エス設立 
代表取締役に就任 全国54会場でゴルフスクールを開催
1990年 2月
ゴルフ指導システム研究のため訪米
1991年 3月
労働大臣認可「財団法人職業技能復興会」のゴルフスクール指導者専門教育講座専任講師に就任 1期~4期まで全国においてゴルフスクール指導理論・指導実技の専任講師を担当
1992年 3月
関西テレビ・フジテレビ文字放送番組「ザ・ゴルフスクール」の監修者に就任
1993年 3月
エヌ・ジー・エスゴルフスクール職業指導者養成講座開講
1997年 12月
全日本ゴルフスクールプロ指導者連盟副理事長に就任
1998年 12月
ゴルフシステム株式会社取締役に就任
1999年 1月
富士エクセレント小野クラブ競技委員に就任
2010年 10月
全日本ゴルフスクールプロ指導者連盟 理事長に就任

■ 原田伝一の掲載情報

ゴルフ指導者になるために、厳しい資格は必要ありません

当連盟に来られる方は、トーナメントプロを目指している方やシングルクラスの腕前の方から、会社を定年退職されて第二の人生を歩まれている方、単純にゴルフが大好きで誰かに教えたい方、ゴルフインストラクター転職を考えている方まで、年齢や腕前、経歴は様々です。

ゴルフ指導者、ゴルフインストラクター、ゴルフティーチングプロになるための資格があるとするならば、「ゴルフが好きで、これまで培った技術や知識を誰かに教えたい」という想いを持っているかどうか。その想いをお持ちの方なら、どなたでも遠慮なく当連盟にご連絡ください。 当連盟では、前述のようにしっかりとした理論をお教えいたしますので、 最短半年で指導者としての道を歩むことも可能です。

さらに全日本ゴルフスクールプロ指導者連盟なら、資格取得後のフォローも万全です。

指導者認定後について

■充実の事業内容で、指導者としてのスキルを着実に身につけていただけます。

ゴルフ理論と実習を交えてレッスンを行います。 たった一度のゴルフインストラクター講習でも、確実にゴルフスキル向上は実感していただけるはずです。

■「ゴルフ理論」の確かな効果は、少しの時間でも実感することができます。

自分がプレイするだけでも楽しいゴルフ。誰かに教えることができれば、もっと楽しくなります。ゴルフは、どれだけ楽しんでも、その楽しさ・奥深さは尽きることのない、 魅力的なスポーツです。その魅力を誰かに伝えていく楽しみを味わえば、 もっとゴルフが好きになること間違いなしです。生徒と一緒に自分も成長できる 喜びをぜひ体感してみませんか?講習を受けてゴルフ指導者になった方の声もお聞きください。

ゴルフ指導者になった方の喜びの声

よくあるご質問

指導者の資格を取得すると、プロということになるのでしょうか?
また、プロとアマチュアの違いを、教えてください。
まず、指導者資格を取得すると、「プロ」という認定になります。基本的に指導者になると、アマチュアのゴルフ大会に出場できなくなりますので、ご注意ください。レッスン指導の最終審査をクリアされますと、プロかアマチュアかを選択していただけます。まだプレイヤーとしてアマチュアの大会に出たい方は、認定資格は取得できませんがアマチュア申請し、ボランティア指導いただけます。指導に専念したい方はプロ申請をしていただくことをおすすめします。
ゴルフインストラクター講習期間と講習する場所を教えてください。
講習期間は、月2回・5か月のコースで計10回となります。講習場所は、現在、神戸と九州の2エリアでのみ行っておりますが、今後は関東や東北・北海道まで展開していく予定です。
ゴルフ講習は、すぐにスタートできますか?
講習は、指導育成講習会のスケジュールに沿って行っております。ただし、カリキュラムの途中からの参加も可能です。その場合、受講できていない内容に関しては、補習を行いますのでご安心ください。
ゴルフは好きですが、正直、人に教えられるレベルか自信がありません…。このような状態でも受講できますか?
はい、可能です。当連盟では、人にゴルフを教えるうえで一番大切なことは、「教える人は本当にゴルフが好きか」だと考えております。現状のスキルに不安があっても、講座を受けることで確実にスキルは向上します。「ゴルフが好きで、誰かに教えたい」という気持ちをお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。
ゴルフインストラクター講習指導の最終審査はありますか?
はい、あります。認定基準として、指導実技審査とラウンド審査があります。もちろん、審査が不認定になってしまっても、再審査は可能ですので、ご安心ください。
資格取得後に、きちんと活かすことのできる資格か、心配なのですが…。
当連盟では、資格取得後のフォローも万全ですので、ご安心ください。ご自身でスクールを開講される方はもちろん、スポーツセンターやフィットネスジムなどの施設でゴルフ指導者専属契約を結ばれた方も多くいらっしゃいます。ご不明点・ご不安なことなどございましたら、何なりとご質問ください。